チャコの種子島日記

波乗り移住して12年目、種子島での日々の生活を綴っています。

2007年06月

dscf2136.jpg奄美地方は 梅雨明けし ここ種子島も 2~3日 いい天気太陽が続いているので 種子島の梅雨明けも間近かな? という感じの日々です。

天気が良く 日中は気温も上がり ’サーフィン日和’という感じだったのですが ずーと風が合わず イマイチのコンディションでしたが 今日は午後からオフショアになり まずまずの ’SURF DAY’となりました。


dscf2138.jpg
もちろん もう 海パンだけでOKですよ!
今日は 砂浜が暑くって 波うち際まで ビーサンを履いていきました。
気分は 真夏です!

輝く太陽 綺麗な水 人の少なさ 景色の美しさ 波乗り仲間・・・
そんな日の島の海は やっぱ 気持ちいい!
 

dscf2125.jpg

連日の雨に ウンザリ気味の種子島です。
少し 雲が分かれ 太陽が覗いたと思ったら すぐに黒い雲に覆われ 激しい雨が降る・・・ そんな 天気が続いています。
でも 今日は午後から久しぶりに天気が良くなり 綺麗な夕日も望めました。

写真は そんな梅雨空から いい天気になり始める変わり目の様子です。
手前は雨雲で 向こう側は青空が覗いています。

もう そろそろ こちらは梅雨明けでしょうか?

今年の梅雨は 短期集中型なのでしょうか?
梅雨に入ってから ほとんど毎日 雨で 湿度100%という感じの種子島です。

dscf2122.jpgさて 前回 (6/20分)のブログで 「最近 ヒッキー気味の私です・・・」 なんてと載せた所 いろんな方から 連絡をいただき 「私の事を 心配してくださる方がこんなにいるんだ・・・」 と正直 びっくりと同時に とても嬉しく 心強く思いました。

メールや電話で 直接的ではないのですが 私の事を心配してくださっている様子がわかり そのお気持ちに感謝の思いで いっぱいになりました・・

学生時代からの20数年来のH子からは 「この間 たまたま 講演会に行って いい本に出会えたから 送るね~」 なんて手紙とともに 1冊の詩集を送ってくれました。

普段 本はよく読む方なのですが 詩集はあまり 馴染みがなかったのですが 手にして読んでみると なぜか心にしみて なんだか涙していたり・・・
年のせいか 特に最近 涙もろくていけません。

皆 自分の生活で大変だろうに・・・ そんな友達達の気持ちに 頭が下がりました。

この場をお借りして 皆さんに・・・

「ありがとう! 皆さんに出会えた事 感謝しています。 これからも よろしく おねがいしまぁ~す!」

dscf2116.jpg
久しぶりに 青空になった種子島です。
でも 天気がよかったのは午前中だけで 午後からは またどんよりとした雲が広がったり 晴れ間がのぞいたり・・・
梅雨があけるまでは こんな はっきりとしない天気が続くのでしょうね・・・

ひさしぶりに晴れた島の海は やはり綺麗で 思わずカメラに収めてしまいました。
空は もう真夏の雲っぽい様相でした。
でも 風がまだ 梅雨っぽいのですよねぇ~
湿気を帯びていて カラッとしていないのですよね・・・

梅雨明けが待ち遠しいですね・・・

ずーと どんよりした曇り空の続く種子島です。

dscf2111.jpgさて 本日の写真 かわいいでしょ?  真夏の花 太陽に向かって まっすぐに伸びていく ミニひまわりです。 

最近 ちょっと悩み事があり ヒッキー気味になっていた私を心配して 家に訪ねてくれた マチちゃん(ブログ 「サンとまちの種子島散歩日記」でお馴染み!) が持ってきてくださったお花です。

このお花には きっと 「雨の向こうには太陽が絶対あるの!」 ( 6/14分 ブログ 「サンとまちの種子島散歩日記 ・ 母ちゃん叫ぶ」を参照 ) という マチちゃんの私へのメッセージが込められているようで いただいた時 すごく嬉しく 感動しました。

このお花を見て 以前 FMラジオで耳にし すごく気に入った曲を思い出しました。 最後にその歌詞を紹介し 私の気持ちを託したいと想います。

「あたたかな花」

私は海から囁くひとかけらの命
この愛しさを伝えましょうそれが出会いの答え

ささやかな奇跡を胸に愛すべきあなたのために
いつまでも いつまでも咲く あたたかな花でありたい

柔らかな日射しの中に 遠い日のぬくもり抱いて
何度でも 何度でも咲く あたたかな花でありたい

このページのトップヘ