チャコの種子島日記

波乗り移住して12年目、種子島での日々の生活を綴っています。

2011年03月

東日本大震災以来 なかなかブログをアップする気になれず 久しぶりのアップとなります・・・

毎日 増えてしまう被害者の方々・・・
3月の中旬を過ぎるのに 気温が低く 寒い毎日は被害地の皆さんには その辛さを増してしまうような日々となっており 本当に過酷な状態を報道で見る度に 胸が痛くなります。



SAVE0171もう そこに春は来ているはずなのに 今年はなんだか いつまでも寒いですねぇ。

こちら種子島も 南国らしからぬ寒い日が続いており いまだに我が家の居間には コタツが鎮座しております。
(ストーブは さすがにしまったのですが まだ出しておいた方がよかったと思う日が多いです。)

そんな我が家に 1枚の 陶器展のお知らせの葉書が到着しました。
武海メンバーの 陶芸家でありサーファーの鈴木伸治くんからのお葉書です。
鈴木くんは 愛知の武海からのお客様で 岐阜出身の彼は多治見市で陶磁器の勉強し 現在は多治見の工房で 意欲的に陶器を制作されています。

我が家にも鈴木くんの作品の素敵な湯のみを送っていただいたのですが 鈴木くんの作品は土のぬくもりを感じ そして 何か力強いものも感じる なんだかワクワクさせてくれる陶器です。

そんな鈴木くんの作品展が 東京は銀座で 4/2~4/7に黒田陶苑さん(場所や連絡先は www.kurodatouen.com まで どうぞです。) で開かれます。

ブログを読んでいただいている方で お近くの方 また その頃 東京に行かれる方。
お時間が許せば ぜひ 鈴木くんの個展 覗いてみてください。
私達も いつか 伺ってみたいと思っています。

最近 腰を痛め 波乗りから遠ざかっている鈴木くん。
お仕事 頑張ってみえるようですネ。
年を重ねるごとに 体は言うことをきかなくなってきますが うまく自分の体ともつきあいながら たまには波乗りも楽しんでくださいね。
そして いつか 種子島にも来てください。
待ってますヨ。

すべてが想定外の規模となってしまい 大きな被害を残した 今回の東北地方太平洋沖地震・・・
連日の報道で知る限り その災害は 本当に世紀末のような様相で ただただ嘆くことしかできない状況ですねぇ・・・

そんな中でも 震源地から遠く離れた ここ種子島の津波を心配していただき いろんな方から 「島は大丈夫ですか?」 の連絡をいただきました。
お蔭様で島は津波もほとんどなく もちろん地震による揺れもなく 今のところ 普段と何ら変わりなく 生活することができています。

東北地方や関東地方では 続く余震に 原発の爆発による放射能漏れの心配 電力不足による停電・・・・ と毎日 大変な日々が続いてみえるのに 現時点で何もできないもどかしさ感じながら 暮らしています。

今回の地震の被災地の皆さんは 津波により被害にあわれた方が多く 津波によりその方々の大切なものを一瞬にして持っていかれてしまい その爪あとだけが残った現場を見ると 思わず目を伏せたくなるような光景しかなく こんな時 どんな言葉をおかけするのがよいのか 見当も付かなくなっています。

無常・・・ この世ははかない・・・ そんな思いと無念さがこみ上げてきます。

もちろん こんな私でも被災地の皆さんの 少しでも力になれることがあるとは思うのですが できることは微力ながら 何でもおこなっていきたいと思っていますが 今 ここでは ただただ 祈らせてください。

亡くなられた方々のご冥福と 避難所や不便な状況での生活を余儀なくされてみえる方々の心が折れてしまいませんよう・・・  お祈りいたします。

ふと気付くと 今日はもう3月の10日・・・
この前の回にも書きましたが 毎日 慌しくしているうちに 時はドンドン過ぎ去っていっていました・・・

母が入院し やっと退院したと思ったら その翌々日に また入院となり またまたバタバタとした日が続き こんなにご無沙汰となってしまいました。

3月は年度末ということで 皆さんもお忙しい日を送られてみえるのでは・・・? なんて思っておりますが いかがお過ごしですか?

さて そんな3月ですが 今月の目玉行事?!といえば 3/3のお雛様でしたね。
今年は なんだか忙しく 我が家では 雛人形を前日の2日にやっと飾りました。

お雛様といえば 女の子の成長を祝う日ですが 我が家のお嬢・・海怜殿も ありがたいことに13回目の節句を迎えることができました。
’桃の節句’ とも言われるこの日に すごく 素敵な曲に出会いました。

最近 どこへ行く時も 何をする時も 離さず いつも i-pod を聞いている海怜殿。
まぁ そんな年頃なのでしょうが 気にいった曲があると すぐi-podに入れ ガンガン聞いているのですが その中に 私も聞き覚えのある歌声がありました。
私も前から大好きな 槇原 敬之さんのベストアルバムが入っていました。

その中の1曲で 私は初めて聞く ’桃’ という曲がありました。
マッキーの曲は その詞がすごく意味深く 優しさと思いやりに溢れたものが多いのですが この ’桃’ はまた すばらしく その歌詞に描かれている ’彼女’ の心に感動してしまいました。

「こ・こんな考え方のできる 女の子に成長していって欲しい・・・」  なんて切に思いました。

大人へと変わろうとしていってる時期の海怜。
これから 恋とかもしちゃう!?年頃になっていきますが この ’桃’ の歌詞の女の子のように 強く・本当の優しさを持ってくれるようになったら とても嬉しいです。

よかったら 皆さんもご視聴ください。


このページのトップヘ