チャコの種子島日記

波乗り移住して12年目、種子島での日々の生活を綴っています。

2011年11月

突然ですが 皆さん 海外ドラマの ”Glee" ってご存知ですかぁ?

前からお知らせしていますが 我が家は海外ドラマの大ファンです。
最近はお年頃のミレイさんも一緒に楽しんでいます。
近頃 3人ですっかりハマッタのは ミュージカル仕立て!?の学園ドラマの ”Glee"。
ミュージカルは苦手な私達・・・ だけどこの”Glee"は好きなんですよね~

アメリカのハイスクールを舞台に なぜか冴えない あまり目立つ方じゃない 極々普通 もしくはちょっと変わった子達が集まったグリー部という 歌ったり・踊ったりするクラブでの学園生活をドラマにしたものなのですが さすがアメリカ!っという感じで 学園でおこるさまざまな問題は レズビアンだったりホモセクシャルだったり 妊娠だったり いじめだったり・・・ 
でも陰湿な感じでなく 実に明るく前向きな感じで少しづつ解決していき なんとなく見ている方が勇気づけられる・・そんなドラマです。

この”Glee"の登場人物達。 歌って踊って 華やかなイメージでスター的な感じがするのですが でも決して 特別な感じの子達ではなく どこにでもいそうな でちらかといえば普通っぽい子達が多いのです。
でも 歌ったり踊ったりすると 不思議な輝きを放つ彼らのオーラが今 大変好評らしく ドラマも人気ですが そのCDやコンサートツアーは大変な人気だそうです。

日本では ドラマはシーズン2まで放送され 今はシーズン3の新しいキャストの仲間を一般公募のオーディションで選考中です。
そのオーディションの様子が何回かに渡って放送され 我が家ではその放送を見ながら 「この子がいい! この子はちょっと・・・」 なんて勝手に御託を並べながら審査員になったつもりで見ております。

そんな中 ミレイと私には大のお気に入りの男の子がいました。
キャメロンという その子は歌がとってもうまくて ちょっとシャイな 厳格なキリスト教徒のとてもまじめなハンサムボーイでした。
初めて見たときから 何かを感じさせてくれるものがあったのですが様々な課題をこなしていくオーディションでもっとも注目度も高かった彼なのですが 厳格な宗教観念がゆえ 演技をする中で偽りでのキスということができず 才能はかわれていたのですが 本人が宗教上のこと 一緒にオーディション受けている仲間のこと 自分の才能と信念のこと を考え・悩み 苦悩しながら 最終選考まで残る実力でしたが 途中で辞退をしてしまいました。
ミレイも私もがっかり・・・

でも その引き際というか辞退を決めた彼の姿は私にはすごく可愛いというか いとおしく 感動でした。
演技をする俳優はできないけど 心を込めた歌を歌えるいいシンガーにはきっとなれると思うキャメロン・・・

最後に歌った彼の 「ブラックバード」。
とても素敵なので皆さん ぜひ聞いてみてください。



DSCF2020
11月だというのに今日はとても暖かく っというか暑いくらいの1日となった種子島です。

天気予報は雨マークだった今日ですが 朝からすっきりとした青空で 「まったく最近 天気予報 ちーとも当たらん!」 なんて思っていたのですが 気持ちのいい天気に誘われ庭に出てみると 亡くなった母の家にあったハイビスカスの挿し木が この陽気に誘われたのか? 花をたくさん咲かせていました。

休日だった海怜と そのハイビスカスを見ていると 彼女が 「天国のババが「元気だよ」 って言っているんだよ・・きっと・・・」 なんて言うのです。

「そうだね・・・」と笑いあったのですが なんだか二人とも涙目・・・

元気でいてくれたなら嬉しいなぁ と綺麗なハイビスカスを撮ってみました。

このページのトップヘ