チャコの種子島日記

波乗り移住して12年目、種子島での日々の生活を綴っています。

2012年11月

DVC00215またまた お久しぶりです。

実りの秋を迎え 畑での収穫作業が大忙し!
ありがたいことにお借りした広大な畑には お芋をはじめ いろいろな作物がたくさん実り 毎日 収穫やら植えつけ そして手入れ・・・と農作業に追われています。

まだ慣れない農業ですが 日が昇ると同時に作業を開始し 日が沈むと終了という 至極 人間的というか原始的?!というか そんな日々は とっても肉体的には疲れるのですが 一日の終わる時の充実感は なんだかとても心地いいものがあります。

とはいうものの 年を少し重ねた農業初心者には体に堪える時もあり 寝るときは よく腰や肩にシップ剤のお世話になることも多々であります・・・

そんな訳で忙しさにかまけ ブログのアップが滞っております。
しばらく こんな状態となりそうですが どうぞ皆様 忘れないでくださいね。

さて 本日の写真は前回に続き 収穫 最盛期の安納芋です。
とっても甘い このお芋。
掘って 剪定しているだけで のちに甘味のもとになる’でんぷん’がたぁくさん出てきて 切っているハサミも着ている服や作業手袋も 洗濯しても落ちない黒いシミがいっぱいつきます。
これも成果のような気がして やりがいとなっています。

「このお芋を食べてくれた方々が おいしって そして幸せまで感じてもらえる お芋になりますように・・・」
そんな思いを込めて収穫しています。
それにオーナーの手で作られたこの お芋達。 きっといろんなパワーもいっぱい詰まっていると思います!?

ご賞味くださいね。


121104_13553411月に入り 今年もあと2か月あまり・・・ 1年経つのも早いものですなぁ~

さて 左の写真。 今日 掘りたてのオーナーが移住組の加藤くん・吉田くん そして こちらで知り合ったSくんと供に 汗水たらして丹精込めて作った ’安納芋’ です!

初めての農業で 毎日 試行錯誤しながら いろいろな方々の指導・ご協力を得ながら 灼熱の畑での作業を頑張り 完成した お芋です。

ご存知の方も多いと思いますが 種子島のこの安納芋。
大変 糖度が高く 別名 蜜芋 とも言われるほど甘いお芋です。

焼き芋などにすると 芋の中の蜜があふれ出し 身はしっとりとして 今 大人気なお芋です。

掘ってから1~2か月 室内などで置いておくと 糖度がまたまた グッと増します。
自然なお芋の甘さは やみつきになること 請け合いです。

只今 販売計画中で 5㎏ ¥2.500~3.000(送料込) となりそうです。

オーナーの汗と愛情?!がつまった安納芋。
ぜひ 皆さん 1度 食べてみてください。

ご注文 ご質問などありましたら オーナー(TEL 090-7043-6379)までご連絡をおまちしております!

このページのトップヘ