チャコの種子島日記

波乗り移住して12年目、種子島での日々の生活を綴っています。

2016年11月

筋トレ今年もあと一か月あまり・・・ 
年を重ねると1年が経つのが加速して早くなっていくように感じます(泣)


さて 9月度の記事でもふれましたが 本日の内容は「筋トレの効能」の詳細です。


その効能として・・・

1.血行が良くなる  2.骨が強くなる  3.糖尿病改善  
4.うつ病改善  5.ストレス解消・心をタフにしてくれる  
6.ボケ防止  7.ガン予防  8.アンチエイジング効果   

などでしたが 今回はこの中の1.2.3についてご説明します。

●血行が良くなる
      筋肉は糖や脂質を最もよく使う組織なので、筋肉の量が多く、働きが大きい
      ほど、全身の代謝効率は良くなるのです。
      さらに、筋肉中に集まっている血管は反応が早く、筋肉を動かせば新しい
      血管がどんどん生まれます。
      身体を動かすということは、血管の収縮、弛緩の繰り返しであり、
      血行を促し、浮腫み、凝りを解消させ、指先、足先、末端まで
      新鮮な血液がめぐるということです。
●骨が強くなる
      重力に対して、運動を行うことで、骨芽細胞が活性化され、
      骨が丈夫になります。
      骨や関節を支えて動かしているのは筋肉なので、その筋肉を鍛えれば骨にも
      刺激が伝わり、骨の代謝を活発にします。
●糖尿病改善
      私達の体内で、ブドウ糖をもっとも多く取り込む器官は筋肉です。
      ところが筋肉量は20歳代がピークでその後は少しづつ減少し、
      80歳代では30歳代の60%程度に・・・
      そのため中高年になると、筋肉量の減少につれブドウ糖の消費量も減少し、
      それが血中のブドウ糖を増やす(血糖値を上げる)原因の1つに
      なっています。

などなど・・・・ 筋トレは体に良いことづくしなのです。
次回は体にだけでなく 心にも良い 筋トレについてです。

1479974627130今年 初めての冬将軍が到来し 南国種子島も寒くなってきました。


さぁて 本日 ご紹介しますのはトレーニング歴 まだわずか3か月の19才 TOMOくんです。


今年の8月にBOOに入会し 本格的にトレーニングを始めたばかりなのですが あれよあれよという間にベンチプレスでの記録を伸ばし 最近では MAX120㎏をあげるようになりました!


普通 男性なら ベンチプレスは 自分の体重の重さを上げれるようになるまでに時間がかかり その次だいたい80㎏を上げれるようになるまでにまた時間がかかり 今度は100㎏の壁があり これまた100㎏を上げれるようになるまで時間がかかり・・・ っとだいたい3回くらい壁があるのですが TOMOくんの場合 何の壁もなくトントントーンと気がつけば3か月でMAX120㎏!
おそるべし!!! TOMO!

その成長ぶりから 密かに私は彼は「ハルクではないか?」と疑っております!?

サーフィンも大好きなTOMO。
その運動能力と筋力はサーフィンにも絶対活かせるはず!

19才を満喫するために 仕事に波乗りにトレーニングに・・・ 
TOMO 頑張るのだよ!

4c4863c5芸術の秋・・・っという訳で 本日は今 種子島で行われている 「種子島宇宙芸術際 プレイベント ’星の洞窟’」 をご紹介します。

この ’星の洞窟’ が行われているのは 我が町 南種子町にある (千座の岩屋・ちくらのいわや)という 太平洋の荒波と海風の力によってできた風穴洞窟で 干潮時には千人が座れそうな?!ほど広い洞窟ができることから名づけられた場所です。

15032081_1847224978841491_8098187344095335730_nこの洞窟の中で 大潮の干潮時の夜 洞窟の壁面を使ってプラネタリウムが行われ また光のエンターテイメントとし様々に内部がライトアップされ 幻想的な空間がつくられるようです。

イベント期間は 11/11(金)~14(日)
つまり今日が最終日。
今日は干潮の時間が遅いので 見頃は23:00~くらいから・・・

ジムが終わってから行ってみようかなぁ~





00b1501562499e914ec56e174838b82f
突然ですが 今年の4月から毎週日曜 放送していたドラマ 「ゆとりですがなにか」 です。
もうとっくの昔(6月に最終回をむかえました。)に終わってしまったドラマなのですが もう~このドラマ 面白くって面白くって 大好きなドラマだったんです。

(野心がない)(競争意識がない)(協調性がない)と言われる ’ゆとり世代’ の3人(岡田将生さん・松坂桃李さん・柳楽優弥さんら演じる)が 仕事に家族に恋に友情に あがきながらも懸命に立ち向かう姿を描いた 宮藤官九郎さん脚本の連ドラだったのですが 毎回 めっちゃ笑い 同調し 考えさせられ 思わず涙ぐみ・・・と すっごく楽しませてもらったのです。

先日 娘ミレイのところに行った時 このドラマを毎日忙しくって観ることができなかった’ゆとり’世代の彼女にどうしても観せたくって DVDを借りてきて 一緒に彼女の部屋で観てきました。

クドカンさんの作品はいつも 感性豊かで多彩な表現力で笑いながら泣ける 観ている側を深く納得させてしまう内容で大好きなのですが 仕事を始め 様々なことに苦悩している’ゆとり’のミレイとこのドラマを観ることは とても有意義なことだったのではと思うのです。

ドラマの中で 松坂桃李さん演じる山路先生(小学校教諭役)の言葉 「大人も間違える。間違えちゃうんだよ。だから他人の間違いを許せる人になってください。」 は名セリフでネット上でも少し話題になりましたが 何も深く考えてなさそうな’ゆとり’世代ですが 皆それぞれ頑張っていて それぞれもがいて それぞれ成長してるんだな~と’ゆとり’世代を見る目が変わってきました。

秋の夜長 DVD鑑賞の時間にぜひお薦めです!

310455-300x225南国 種子島ですが一雨ごとに気温が下がり 朝晩の冷え込みに思わず昨日こたつを出してしまいました。
もう秋も終わり・・・晩秋ですね。


さて今回のタイトル「美しい姿勢」ですが 「女は見た目!」が自論の私にとって 一番の今の課題なのです。


c57552110fce6e453fa820cc2e57f8edbea81e9dもちろん顔のシワや張りも気になるけれど パッと会った時 その人を強く印象付けるのは やはり姿勢。

背筋の伸びた凛とした立ち姿は 会った人に最も好印象を与えることができると思うのです。


でもこの姿勢がくせもので 美しい姿勢をキープするのは案外 大変なんです。
長年のクセもあるし 何より年々衰える体の筋肉で スッと顎を引き 肩を自然に下し 胃を包みこむようにして軽く胸をはり お尻をしめて骨盤を水平にし 膝の力を軽くぬく・・・ という美しい姿勢は意識と筋力が非常に必要なんです。

→毎日躍り込むバレリーナの方は細いだけではなく しなやかな筋肉で美しいからだを作ってみえます。
バレリーナの方のように踊ることができない私はやっぱりトレーニングで自分の体をキープする筋肉を作るしかないのです。

そして不思議に姿勢が整うと呼吸も整い 呼吸が整うと気持ちが整い・・・ 外見だけでなく中身も変化してくるように思うのです。

「女は見た目が勝負!」とこれからもトレーニングに励みたいと思います。

このページのトップヘ